スクフェス リセマラ やり方 アイフォン確率と当たり

スクフェス リセマラ やり方 アイフォン確率と当たりなど

囲碁一人用

2011年8月13日 | 日記 | コメント(0)


コンピュータと対戦すれば
今すぐにひとりでいごができてしまう。



着信があった、着エロじゃないよ
携帯の着信だよ

それだけでなく
すぐに電話がかかってきた

どうやら友達が囲碁をやろうって言っているらしい

ちょっといってくらー

無料ゲーム囲碁

2011年8月12日 | 日記 | コメント(0)


無料ゲームの囲碁といえば
むかしむかーしにいちご棋院という
いちごで碁をうつっていう、すっごいサイトがあったっけ

あれはおもしろいよなー
あとはパンダとかいいかんじ
パンダは有料かな

東日本大震災復興宝くじ

2011年8月11日 | 日記 | コメント(0)


東日本大震災復興宝くじ
やはりかわないとだめじゃな

コミックのひぐらしのなく頃にがおもしろすぎて
ちょっと、仕事にいくのがおっくうになってしまった

腹筋

2011年8月7日 | 日記 | コメント(0)


男の場合、腹筋は格好良さのバロメーター的役割を持っていると思った時がある。年齢とともにお腹に贅肉がつくのは仕方が無いが、見た目の為にも引っ込ませて、なおかつ筋肉でコーティングできたら、青春時代を思い出せる。

健康食品ブームはいつの時でもあるが、そういった青春時代を思い出して幾つか手を伸ばしたことがある。

一つはゴーヤの種を粉末にしたカプセルだ。細かい説明は忘れてしまったが、とにかく腹についた燃えにくい脂肪がガンガン燃えるらしい。そう信じて結構飲んだんだけれど、劇的な効果は見られなかった。ただ当時はこってりしたラーメンを常食していたので、相殺されていたのかも知れないが。

次はロサンゼルスのサプリメント屋からネットで買った、マグナムなんとかだ。これも燃えにくい脂肪がガンガン燃えるという。結構大きめの粒で、すごく飲みづらかったが信じて飲んだ。結果、なんだか身体が燃えてる気がしたが、気のせいだった。

腹筋のことをインターネットで調べると筋トレ専門サイトに行き着く。そこで、学校などで習う腹筋のやり方では腹筋はつかず、お尻の方に筋肉がつくという。正しいやり方は足をあげてやるなどと書いてあった。間違っていたのかという思いにかられ、正しいやり方を実践してみた。数ヶ月で少しし下地についた感じがするが贅肉はとれない。

そんな時、美木良介式腹筋呼吸法というのがあるという情報が入った。YouTubeなどで紹介されていたVTRをみたが、美木良介氏の腹筋はすごい事になっている。彼は重い腰痛を抱え様々な方法で腹筋を鍛えたが、ダメで最後に独自であみだした呼吸法に行き着いたという。やり方は説明でも、映像をみる限りでも、深呼吸をして吐く時間を長くするだけ。さすがに美木良介氏は力強いが、やっている事はシンプルだ。これなら出来そうだと始めてみた。なんだか、ついてきた感じがする。電車の中とかでも、人目を忍んでこっそり腹筋呼吸法なんて事も出来る。これで僕も腹筋が割れる日も近いだろう。

やる気

2011年8月5日 | 日記 | コメント(0)


昔よく説教されたことがある。その人を教育しようとあらゆる手を使っても、やる気がない奴はどうしようもない。どんなに才能があっても、どんなに恵まれていても、やる気がないと全然ダメだと。その人は、色々な経験をしたんだろうなと思える苦労人で、僕のことを毎回3〜5時間くらい酒を飲みながら説教した。その間、僕はじっと聞いないといけなかった。でも、そんなことをされて、説教されて、挙句、殴られるような目にあって、やる気を出していた若い時の自分は素直だったのかなと思える。その人がその後どうなってしまったのかは知らない。

そうしてふと、やる気について考えてみると、色々な人が同じようなことを言っているので、やる気は本人次第で誰かが操作出来るものではないというのが通説になっているのがわかる。だからこそ、カリスマ経営者だとか、成功報酬だとか、うまい酒だとか、美女なんかが必要になってくるのかも知れない。得てして、やる気と利益は直結している(まあ、お金とは限らず)。選択権を持つ人はその選択をした事によって利益を最大限得られると考えた時、やる気を発揮する。しかしながら、利益に関わる情報というのは、不確定な要素が多く、人が人に伝える場合、歪曲が起こって情報はだいたい違うものになる。変わってしまった情報によって、やる気を起こし最大限の努力をしていた時、それが偽の情報だったと知った場合、受けるダメージはそれまでのやる気の数倍になる。そのダメージを受けた場合、立ち直れなくなるかも知れない。

小さなそんなことを繰り返しながら大きくなることで、その事を体で学んで行くものだろうけど。というわけで、行き着いたのが、やるだけやる、ということ。ダメなら、諦めるより仕方ない。やる気はあるけど、ガツガツしない。そういうのがいいのかと思う。

真夏日

2011年8月3日 | 日記 | コメント(0)


6月24日、梅雨明けの発表はないが、日差しが戻ってきた。というよりも日差しが襲ってきた。恐れていた事態がついにやってきた、という気構えすら起こさせる。真夏日のニュースにおける常連、熊谷では20年ぶりに39.8℃を記録したという。天気の長期予想で今年の夏は例年並みと言っていたがどうやら違っていたようだ。39.8度、考えただけでも暑くて死にそうになってしまう。しかも、今年は節電しなければならない夏となることは確実で、至るところの冷房は弱運転になっている。しかもピークカットといって電力量の一番多い時間帯は使用を制限する、つまりオフにすることが大手の商業施設では策定されている。うだるような暑さで、逃げ込んだ先も暑くて仕方ないという状況になることが見えてくる。どこへ行っても逃げ場がない場合どうすればいいか、自宅でクーラーをつけるのがもっとも最善の緊急避難だが、みんながそうすると、大停電を起こす可能性がある。しかし、熱中症で死んでしまっては元も子もない。そうすると、プールに行って泳ぐだとか、海に行って泳ぐ、アイスを食べて、足を水につける。打ち水をして町内を練り歩く。かき氷をたべる。結局、なんとかやり過ごす以外、仕方ない。まあ、まともに生きてられない状態になる。仕事はしてられないということだと思います。


眠気

2011年8月1日 | 日記 | コメント(0)


人間は眠さに耐えられない。若い時、××時間起きてたことがある!と自慢する人がいて、それにつられて、自分はもっと起きてたぜと騒ぎ、いつしか寝てないことがある合戦になっていることがよくあった。それなりの年齢を重ねると、寝ることの重要さを思い知らされているので、無闇に起きることはしない傾向にある。睡眠はとても大事なことだと、医療系のテレビバラエティーでも紹介されている。とにかく眠いということは、身体の危機、脳の危機らしい。身体が維持出来ない、つまり死にますよ、というソフトなエマージェンシーサインなのだ。そのサインを無視して強行すると、倒れて起き上がれなくなるかもしれない。しかし、そんな科学的根拠を真っ向から否定する強者も確かに存在感している。そこには、アルコールの力が加わる化学反応なのだろうか、どんなに眠くても酒をのんで、ぐだぐだとくだを巻いて挙句、次の店に行く。誰がどう見てもふらふらなのに倒れない。そして、記憶を失くして次の日は元気で笑顔。そういう人はたくさんいるようだ。

全くもって迷惑極まりないが、得てしてそういう状況になる人間は仕事ができる人間。つまり、上司に多かったりする。会社の上役となると、コミュニケーション能力の高さが計られることになる。その上で寝ることは失礼、表情を変えず酒を飲み続け、付き合い、気分を良くして相手方との信頼関係を築く。酒は古来から人間関係における潤滑油の役割を果たしてきた。けれど、日本人には酒の飲めない下戸が存在することも確かだ。そういった人はコミュニケーションを必要とした仕事には向かないのか、いや、そうでもないことは確かだろう。飲めて寝ない、宴会担当の人間は必要だが、しっかりと寝て健康的な食事をし、お酒もほどほどにする方が結果的に仕事や活動の幅が広がることは客観的にでもよくわかる。つまり、眠い時はちゃんと寝たほうがいいから、付き合わないで帰るほうが本当は仕事のためにもいいことなんだけどな。


ふわふわなり

2011年7月31日 | 日記 | コメント(0)

 

本日はふわふわなりよ

(さらに…)

しろくま

| 日記 | | コメント(0)

しろくまと銭道それには深い関係があまりにもなさすすぎる

しろくまのきもちRF サマースカーフ

しろくまのきもちになれるスカーフを巻いてみた
少しきもちい


しかし、おれが住むのは熊谷
熱いぞ熊谷

しろくまスカーフがどこまで耐えられるのかみものである

東日本大震災復興宝くじ

| 日記 | コメント(0)

東日本大震災復興宝くじが2011年に発売されました

もう購入されましたか?
確率というか当選確率は神のみぞ知るってところですかね
みずほさんで販売されていますけど、大阪愛知がねらいめか…
賞金ゲットだぜーーー